海外旅行編クレジットカードで現地通貨に換金する方法

海外旅行編クレジットカードで現地通貨に換金する方法

海外でクレジットカードを利用して外貨に換金するためには

海外で外貨に換金する方法は?
基本的に海外では日本円を使用することができないので、使用できる外貨に換金する必要があります。
一般的に外貨に換金する方法としては、日本の銀行や空港、海外の空港や街中にある両替所を利用する方法があるのです。
日本円を持って両替所に行くと、すぐに現地の通貨に両替してくれるので、分かりやすいですし手軽な手段といえます。

▼ 目次

海外ATMから現地通貨を引き出す方法

しかし、クレジットカードを使用して海外ATMから現地通貨を引き出すといった方法もあるのです。
普段使用しているクレジットカードを海外に持参すれば、海外ATMから現地通貨が引き出せるので、いちいち両替する手間が省けますし、大金を持ち歩かなくても済むので安全です。
このようにクレジットカードを使用して海外ATMで現地通貨を引き出すことを海外キャッシングと言います。
通常、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの機能があって、そのキャッシング枠を使う方法で、利用した分は後から支払うだけです。

クレジットカードで外貨に換金する前に確認することは?

クレジットカードを作るとショッピング枠とキャッシング枠が自動で設定されますが、様々な理由から意図的にキャッシング枠を0円にしている方もいます。
また、カードによってはキャッシング枠がないケースもあります。
クレジットカードを利用して海外ATMで外貨に換金するためには、カードのキャッシング枠を利用するので、事前にキャッシング枠があることを確認する必要があるのです。

また、それと共に自分が所有するクレジットカードのキャッシング枠の限度額が、どれくらいなのかも確認する必要があります。
これらに関しては、クレジットカード会社の会員ページや電話で問合せると分かりますし、カードが郵送された時の書類にも記載されているので確認することもできるのです。
いざ海外で利用しようとした時に使用できないと困ってしまうので、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

それから、クレジットカードの裏面にPLUSかCIRRUSのマークがあるかを確認する必要もあるのです。
このPLUS・CIRRUSというのはATMのネットワークのことで、海外にあるATMのほとんどが両方に入っているので、このマークがあれば海外ATMでキャッシングが可能になります。
ちなみに、海外でATMを利用する際には、このマークがあるATMを利用することになるのです。

海外ATMでキャッシングして外貨に換金する方法は?

実際に海外ATMでキャッシングする時に戸惑わないためにも、一般的なATMの操作方法を知っておくことも必要です。
まずは、先にも紹介しましたが対応しているATMかを確認して、クレジットカードを挿入します。
ただ、日本のATMと同じように入れるタイプ以外に、上下にスライドさせるタイプや挿入するのは最初だけですぐに抜き取るタイプもあるので、その点には注意する必要があるのです。
また表と裏を間違えるときちんと読み取ってもらえないので、これについても注意が必要といえます。

次に使用言語を選択するのですが、英語圏以外では最初の画面に現地語が表示されていることがあって、言語選択ボタンを押して英語に切り替える必要があるのです。
先に進んだら暗証番号を入力するのですが、ENTER PINが暗証番号の入力で、番号を入力したらENTERを押します。
ちなみに、暗証番号は日本でクレジットカードを利用する時と同じ番号です。

次は取引内容を選択する必要があって、SELECT SOURCE ACCOUNTが取引内容の選択のことで、キャッシングを希望する場合はCREDITを押します。
そうすると、いくつか金額が表示されるので希望のものを選択すると良いですし、任意の金額を引き出す場合はOTHERを選択して金額を入力するだけです。
最後にカードと利用明細は忘れずに持ち帰ることが大事ですし、日本に帰ってから利用情報をマイページでチェックして、不正利用がないことをしっかりと確認しましょう。

キャッシングで外貨に換金するメリットは?

日本円を両替する方法にはいくつかありますが、クレジットカードを使用してキャッシングするのが一番手数料は安く済みます。
この点が、キャッシングをおすすめする理由ですしお得なメリットです。
通常、ATMを利用すると利用手数料がかかりますし、それにプラスしてキャッシング手数料がかかって、この他キャッシングですから利息がかかります。

ですから、小刻みにATMを使うより一括して引き出したほうが手数料は少なくて済みますし、キャッシングした日から返済するまでの日程を短くすれば利息は少なくなります。
このようなことを心掛けることで、その他の手段と比較して安く済む可能性があるのです。
ちなみに、両替などでは実際のレートより2〜3%程度の手数料をのせられるので、それと比較するとクレジットカードを利用したキャッシングのほうが安くなります。