クレジットカードを利用して外貨に換金するデメリットは?

海外旅行編クレジットカードで現地通貨に換金する方法
Home » 海外旅行で換金 » クレジットカードを利用して外貨に換金するデメリットは?
海外旅行で換金 | 04月21日更新

クレジットカードを利用して外貨に換金するデメリットは?

海外旅行をする際に、どのような方法で外貨を換金するのかで悩む方も少なくありません。
日本円を外貨に換金する一般的な方法としては、国内で両替して持参する、現地の両替所で両替するなど様々な方法があります。
また外貨預金口座を開設しておいて、海外の提携ATMやキャッシュディスペンサーから引き出すといった方法もあるのです。
しかし、このような方法よりも簡単で安く外貨に換金する方法もあって、それはクレジットカードを利用したキャッシングです。
これなら特別な手続きは必要ありませんし、いつでも必要な外貨を海外ATMから引き出すことができるといったメリットがあります。

クレジットカードでキャッシングするのには、メリットがある反面でデメリットもあって、そのひとつは利用する際にATM手数料がかかることです。
ただ手数料と言っても数百円程度のケースがほとんどなので、レートが良ければあまり問題は無いのですが、レートが悪い時には少しであっても手数料を取られてしまうことは悔しい思いをしてしまいます。

また、キャッシングするのですから利息を支払う必要があって、年利が18%となれば大きな負担になってデメリットに感じてしまいます。
しかし、あくまでも年利なので一括払いで返済すれば数百円程度で大きな負担にはなりません。
ただ、これに関しても手数料と同様にレートとの相談になるもので、気持ち的にデメリットと感じる方もいるのです。

クレジットカードでキャッシングにより外貨に換金しようとした時に、1回当たりの利用額に上限があってデメリットと感じることもあります。
ただ考え方によっては、利用額の上限が設定されていることで、たくさんの現金を持たないという点でメリットになるとも言えます。
また、小口で必要に応じて引き出すことにより、両替しすぎて帰国してから日本円に戻すことも少なくなるのです。
いずれにしても、無理にクレジットカードを利用して外貨に換金する必要はありませんが、ひとつの選択肢としてあることを覚えておくだけでも便利です。