海外でクレジットカードを利用して現金調達する方法は?

海外旅行編クレジットカードで現地通貨に換金する方法
Home » 海外旅行で換金 » 海外でクレジットカードを利用して現金調達する方法は?
海外旅行で換金 | 04月21日更新

海外でクレジットカードを利用して現金調達する方法は?

日本でもいえることですが、特に海外では多額の現金を持ち歩くことは、不安ですし場合によっては危険な行為といえます。
その為、現地で手軽に現金調達できたら、海外に行っても便利ですしうれしいことです。
その方法としては国際キャッシュカードを持つ、クレジットカードで海外キャッシングをするという2種類の方法があります。

海外で現金調達するひとつの方法となる国際キャッシュカードというのは、自分の口座から海外でお金を引き出すことができるサービスで、インターナショナルキャッシュカードとも呼ばれます。
自分名義の預金口座と連動していてデビッドカードのようなイメージすると分かりやすいです。
自分名義の口座にあるお金を現地通貨に変換して引き出す方法なので、お金を借り入れするわけではないという点がポイントになります。
また引き出した時点で預金口座に反映するので、透明性が高い現金調達方法と考えられるのです。
現金調達時の交換レートは各社指定する会社のレートに数%加算した数字が用いられますし、出金手数料も無料から数百円程度なので取り立て大きな負担になりません。
ですから、クレジットカードのキャッシングというのに対して、強い抵抗を感じるひとはこの方法を選ぶと良いでしょう。

現金調達のもうひとつの方法となるのが海外キャッシングをすることで、その名が示す通りMasterCardやVisaカードなどの国際ブランドのクレジットカードでキャッシングすることです。
どこでもカードが使えるのならクレジットカードをそのまま利用すれば良いのですが、場所や地域によってクレジットカードが使用できないケースもあって、その場合には現金調達が必要になります。
そのような場合にクレジットカードのキャッシング枠を使って、海外ATMを利用して現地通貨で借り入れすることで現金調達が可能となるのです。

一般的にクレジットカード決済の支払いレートとキャッシングのレートは違って、キャッシングの方が得になるケースが多いと言われています。
ですから、クレジット払いとキャッシングをシーンによって使い分けることをおすすめします。